本当の強みの見つけ方_福井崇人

ソーシャルクリエイター育成講座
福井ラボ塾「社会人コース」2期生募集開始。

2022年6月、福井崇人の初の書籍、『「本当の強み」の見つけ方』(「人生が変わった」という声続出の「自己価値発見トレーニング」)が発売になりました。

日本、そして世界で生き抜く力をつけるための「自分探しの旅」である「パーパス思考」。その身につけ方についてワークとともに解説している書籍です。クリエイターやクリエイターを志す方に限らず、すべての人に手にとっていただきたいものになったと思いますし、誤解を恐れずにいうと、今回の書籍は「パーパス思考」と「クリエイティビティ」の民主化、あるいはその大きな第一歩だと考えています。

 

しかしそんな思いと裏腹に、ありがたいことではあるのですが、今回の書籍や福井の過去の講義を通して「パーパス思考」に共感してくださった方々から、より踏み込んだ実践的な指導してほしいという声もいただくようになりました。

そこでクリエイターとして、あるいはビジネスのフィールドでよりクリエイティブな人材になりたいという方に向けて、「福井ラボ塾 社会人コース」として、パーパス思考をベースにしたソーシャルクリエイター育成講座をはじめたいと思います。

 

現在すでにクリエイティブ関連職についているという方はもちろん、マーケター、宣伝、事業企画などのビジネスフィールドの方々、あるいはアート、アカデミック、​はたまた思いもよらないバックグラウンドをお持ちの方々との出会いを楽しみにしています。どのような分野の方でも、そしてどのような組織に所属している方でも、組織を変え、業界を変え、社会を変える人になることができます。

この世の中で起こっている大きな問題は、どこかで自分とつながっています。

ソーシャルクリエーターは技術力と高い視座力の両方を身につけないと成長できません。
技術力と高い視座力の両方をバランス良く手にするということです。どっちが大切かというと高い視座力の方になります。その方がディレクターやプロデューサーになれるからです。

自分に向き合い、社会と向き合い、社会を変えていく人たちが、ここから生まれることを願っています。一緒に学んでいきましょう。

福井ラボ塾のカリキュラム

⾃分を理解し、⾃分を好きになる、自分探しの旅。

本当の強みの見つけ方_福井崇人パーパスのつくり方ワークショップ

パーパスのつくり方ワークショップ

経営学の分野を中⼼に、最近は企業の「パーパス」という⾔葉がよく聞かれるようになりました。パーパスとは「⾃分にしかない唯⼀無⼆の価値」。企業がパーパス(存在意義)を明確にして事業を進めていけるように、個⼈もパーパスを明確にできれば、今より積極的に、⾃分の⼈⽣に向き合っていける。それが福井の「パーパス思考」です。

パーパス思考については福井の著書にも書きました。しかし「やり方を理解できることと、実際にできるようになることは違う」そんな声を聞いて、実際にパーパス思考を学びワークを実践する時間を設定することにいたしました。

天から降ってくるのを待つよりも、量産するためのメソッドを身につけよう。

本当の強みの見つけ方_福井崇人アイデアのつくり方ワークショップアイデアのつくり方ワークショップ

アイデアのつくり方ワークショップ

若い方々の様子を拝見していて、アプリケーションは使えるものの、アイデア力がない傾向があると考えています。あるいは一見アイデアがたくさん出せているように見えても、実は方向性で捉えると全部1方向ということもあります。アイデアを考える際、方向性のパターンをいくつも出せるということが重要です。またアイデアを生み出すために必要なのは、天からアイデアが降ってくるのを待つことではなく、アイデアを量産するためのメソッドを身につけることです。アイデア発想には訓練が必要です。メソッドの講義とワークショップにより、アイデア脳になることを目指します。

本当の強みの見つけ方_福井崇人パーパス思考を生かしたクリエイティブ制作の実践パーパス思考を生かしたクリエイティブ制作の実践

この世の中で起こっていることは、どこかで自分とつながっているから。

パーパス思考を生かしたクリエイティブ制作の実践

実際に見つけたパーパスとアイデア思考をもとに、クリエイティブ制作を行います。課題を提供くださるのは、福井がコンサルティングしている企業やブランド。アートディレクター、クリエイティブディレクター、ソーシャルデザイナーである福井が直接指導いたします。その中で、アイデアの作り方・クリエイティブのレベルを、実戦で磨いていっていただきます。現在クリエイティブ職についていない、マーケター、ビジネスプロデューサー、その他ありとあらゆる職種の方々にこそチャレンジいただきたいと思っています。ソーシャルクリエイターに出自は関係ありません。

​本当の強みの見つけ方_福井崇人引き寄せの法則デイリーワーク

想像以上の幸運を引き寄せる

​引き寄せの法則デイリーワーク

パーパスを持って歩き出す人生をより豊かなものにするために、「引き寄せ」の手法を学びます。引き寄せと聞いて「本当にそんなものがあるの?」あるいは「そんなの知っている」と思われる方もいるかもしれません。これに関してはやってみてくださいとしか言えません。楽しく脳を書き換えていきましょう!

受講生の感想

正式な開講に先立ち、福井ラボ塾を受講した1期生3名の感想です。

本当の強みの見つけ方_受講生の感想1

「自分だから作れるもの」を探すための指針として

事業会社 デザイナー 大橋希美

受講前、私はものづくりをするときに対象ではなく自分に立ち返るという考え方をあまりしたことがなく、あってもアイディア出しの際に手がかりにする程度だったため、「腰を据えて自分と向き合い、そこから、自分だからこそ作るべきものや実行するべきアイディアを導き出す」という考え方はとても新鮮でした。実際にやってみると自分について言葉にするのは簡単なことではなく、更にそれを実制作に紐付けることも容易にはできず、しかし、だからこそストンと腑に落ちる落とし所を見つけたときは爽快でした。「自分だからこそ」で考えるアイディアには説得力があり、何より「自分が当事者だったら」と想像する以上に「自分事として捉える」ことができる近道であると感じます。
ワークショップの中では各個人の向き・不向きも気にかけてくださり、「この方法がやりにくければこの方法を」とアプローチに幅をもたせてくださったのも有り難かったです。そういったアドバイス自体が「それぞれの個性や特性に沿って目的達成の道筋を見つける」という指針そのものを表していると感じています。

本当の強みの見つけ方_受講生の感想2

自己改革

広告制作プロダクション デザイナー 田口博基

私は広告代理店の制作会社に所属するデザイナーです。ある社会人向けのデザインスクールに通ったことがきっかけで、人を介し、人を介し、福井さんと出会いました。こんなペーペーの私がどう接したらいいのだろうと思っていましたが、福井さんはとてもお優しく、徐々に打ち解けました。

 

福井ラボ塾には実制作の課題があります。課題では今までの自分がやってきたように制作に取り組みましたが、自分のアイデア力の無さ、デザイン力の無さを明らかに痛感しました。それでも自分のレベルに合わせて福井さんにお導き頂き、仲間にも迷惑をかけましたが、本当になんとか乗り越えることができ、結果とても完成度の高い制作物ができました。そこには新たな人との出会いもあり、今でもお付き合いがあります。

 

デイリーワークの引き寄せの法則について、まずは素直にやってみようと思いました。これはマインドのトレーニングです。やっていくうちに、自然と物事を前向きに捉えている自分に気がつきました。例えば友人が後ろ向きな発言をした際には、自然とポジティブに変換して返答していました。自分の物事の捉え方が変わると周りの反応も変わり、自然と身の回りの環境が明るくなるのだと実感しました。

 

デザインの技術的な向上はもちろんですがそれ以上に、人として大切な姿勢を学べたり、何より福井さんというお人柄にふれ、福井さんの考え方を間近で感じることができました。私は今29歳なのですが、30歳を目前にした今、自身のパーパスを定められたことももちろん大きく、定めた途端やるべきことが見えてきます。社会が不安定で先が見えない今、心のもち方、デザインの技術、そしてやり抜く体力を、今一度改革するにはもってこいだと思います。

本当の強みの見つけ方_受講生の感想3

「(表面的な)強み」と
「本当の強み」は大きく異なる。

広告会社 コピーライター 青山紀恵

福井ラボ塾の感想として、抽象的な話と具体的な話、2方向から説明したい。

まず抽象的な話。
福井ラボ塾は「知識を得るための塾」というより、体質改善のための「トレーニングセンター」だと思う。トレーニングの起点が「パーパスのつくり方ワークショップ」であり、日々の体質改善が「デイリーワーク」だ。ワークショップは一見自己分析のようなワークがベースになるが、いわゆる就活や転職の際に行う自己分析とは異なる。自己分析は自分の中のパターンを探し、他人に見せられる自分を考えるブランディングのためのものだと思う。「こういう事象があった、こういう事象もあった、その共通点がこれ、私の“(表面的な)強み”です」というような。

一方、パーパスのつくり方ワークショップは「自分自身の奥深くにある、毒とも薬ともしれない“人生の業”や“宿命”を見つけて、それを“本当の強み”にしていく作業」だと思う。見つかるものは、人に伝えるのは憚られるようなものである場合もある。ただこれを見つけると「モヤが晴れていく」ような感覚に襲われる。「私は(良くも悪くも)このために生きていたのか」と。その感覚は、これから歩んでいく人生の羅針盤にもなり得るし、過去の点と点が繋がっていくため、自己肯定感の土台にもなる。

次に具体的な話。
私という1事例だが、私は「コピーライターとして何者かになりたくて」、よりレベルの低い話では「コピーライターとして、もっといい会社に行きたくて」福井ラボ塾を受講した。しかし受講するうちに、コピーライターであることは一手段にすぎないと強く感じるようになった。そして行きたいと思っていた会社もまた手段にすぎず、そしてそれは手段としても少しズレており、私のゴールはもっと高い別のところにあることに気がついた。

それによって日常も様変わりした。「コピーがないコピーライターの作品」を作るようになった。自分なりに「社会への思い」を込めた作品ばかりだ。そのおかげで、日本語話者のコピーライターであるのに、海外のデザインイベントに参加することにもなった。

私はソーシャルクリエイターになりたくて、福井ラボ塾を受講したわけではない。
ただコピーライターとして視座が上がり、視野が広がりつつある今、普通のコピーライターではない「何か」になりつつあるのだと思う。
「私はソーシャルクリエイターです」と名乗れるほどの自信はまだない。ただ、私は「私にしかできない仕事をしていること」、そして私が「ソーシャルクリエイターの卵」であることは言える。そして未来はもっと明るいことを確信している。私はきっと何者かになるのだと思う。人生において遅いなんてことはきっとない。「本当の強み」は、私たちを本当に強くしてくれる。

人生に悩む20代、30代、40代、本音を言えばそれ以上の年齢の方にも受講していただきたい。ビジネスフィールド出身のソーシャルクリエイター、デザイン出身のソーシャルクリエイター、アート出身のソーシャルクリエイターなど、仲間が増えたら、私もすごく嬉しい。

概要

開講:2022年12月(予定)

期間:6ヶ月

講義スタイルはリモートです。

※受講いただく方々と、相談の上、開講日を決定いたします。

※応募者多数の場合は

​ポートフォリオ審査をさせていただく場合がございます。

スケジュール

費用

298,000円(税別)

企業派遣でお申込みの方には、ご請求書の発行も可能です。ご連絡ください。

申込方法

下記フォームより​お申し込みください。

開講日のご相談、お支払い方法のご案内等、詳細をお送りいたします。

そのほかお問い合わせもお気軽に​お寄せください。

お申し込み・お問い合わせはこちら

内容

担当者より追ってご連絡差し上げます。